理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

夏タイトル

住んでるあたりはなかなか夏らしい天気にならないけれど、タイトルだけ夏気分に変更しました。

豪雨に見舞われた地域の皆様にはお見舞いを申し上げます。

 

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ある俳優の訃報

ニュースサイトにある俳優の訃報が出ていました。

サム・シェパード。73歳。 映画『The Right Stuff』で伝説のテストパイロット、チャック・イェーガーを演じた人物です。

『The Right Stuff』は、アメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」に材を採った作品。米国初の宇宙飛行士に選ばれた、Right Stuff(正しい資質)を持つ7人と選ばれなかったテストパイロットの物語です。

選ばれた7人が宇宙を目指す中、イェーガーがロケットブースターを装着したF-104(正しくはNF-104A)で成層圏へ駆け上がるシーンがあります。これがめちゃめちゃカッコいい。巨大な花火に乗っかって飛んで行くだけの宇宙飛行士と、羽の生えた駿馬を己の手で操るパイロットの違いがそこにありました。

晩年はあのホーキング博士と同じALSを患い、闘病を続けていたのだとか。ご冥福を祈ります。

イェーガーは、ベルX-1 で人類初の音速突破を成し遂げたパイロットとして有名ですが、他に何があるんだろうと、ふと思い立ってチャック・イェーガー本人について調べてみました。

第二次世界大戦では、ヨーロッパ戦線の戦闘機乗り。愛機はP-51マスタング。 すごいのは、1回の出撃で5機を撃墜し「Ace in a day」の称号を受けたということ(5機撃墜するとエースになる)。

終戦までの撃墜機数は11.5機で、その中にはドイツのジェット戦闘機Me262の初撃墜が含まれているのだとか。

第二次世界大戦後は戦闘飛行隊の指揮官としてベトナム戦争に従軍、その後、ドイツ、次いでパキスタンで勤務した後に退役。 驚くべきことに、1997年に音速突破50周年を記念する式典が開かれ、軍歴を飾る最後の公式飛行としてF-15Dに乗り込み、74歳にして自らイーグルを操縦して、50年前と同時刻(10:29)に音速を突破してみせました。

2005年には予備役少将となり、2012年には世界初の音速突破から65周年に、再びF-15Dに乗り(この時は複座の後席)超音速飛行の再現を行ったそうです。89歳ですよ。恐れ入りました。

以上、チャック・イェーガーに関する情報は、Wikipediaを参考にさせていただきました。

イェーガーのことを調べていておやっ!と思ったことがあります。歿年が書かれていないのです。何とご存命でありました。御歳94歳。

サム・シェパードの訃報はお聞きになっただろうか。サム・シェパードに改めて黙祷。

f:id:arkrico:20170802185356j:plain

 写真は、映画で出てきたF-104を再現したものです。事実としてはロケットブースターを積んだNF-104Aなのですが、映画で使われていたのは通常型のF-104Gでした(たぶん)。垂直尾翼のヘタクソな数字も映画の通りです。


にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

お賽銭

ネットのニュースを読んで唖然としてしまいました。

上海の空港で、80歳のおばあちゃんが、空の旅の安全を願って、エンジンに硬貨を投げ込んだそうな。おかげで飛行機は6時間近くの遅れ。

おばあちゃん、きっと、エンジンのファンブレードがお賽銭箱の格子に見えたんだろうなあ...とここまで書いて、そういえばコレ、中国の出来事だ。中国には日本のような賽銭箱はあるんだろうか....


にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

トップガン

カミさんが何を思ったんだか、「トップガン」を借りてきました。アレです。トム・クルーズ出世作
「どうしたの?」 「こんど続編作るんだって言ってたでしょ。だから観ておこうと思って...」
そういうことか。昨年(2016年)、「トップガン」制作30周年を機に、トムクルーズが続編を作るとか作っているとかコメントしたと、ネットのニュースに書いてありました。

で、久しぶりに見てみたらやっぱり面白い。ストーリーはたいしたことないけれど、ヒコーキ好きにはたまらない。F-14は全機退役しちゃったけれど、やっぱカッコいいなあ。

エンドロールを見ていてアレっと思い、スローでもう一度見ると、「USS CARL VINSON」って書いてある。先日、日本海に派遣されてきた原子力空母ですね。識別記号CVN-70、ニミッツ級3番艦。こんな前から就役してるんだ。

「Top Gun 2」楽しみです。

写真は、スクラップだけれどF-14

f:id:arkrico:20170614181235j:plain

チノの「Planes of Fame」屋外に雑然と置かれた中の1機。2000年撮影です。


にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

セイコーミュージアム

先日、セイコーミュージアムというところへ行ってきました。場所は東京下町の東向島。3階建ての瀟洒なビルがまるごとミュージアムになっています。公式サイトで予約が必要です。受け付けで名前を告げると、iPadを貸してくれます。iPadを展示品横にあるセンサーに向けると展示品の解説が表示されるという優れもの。

展示されているのはセイコーの時計だけじゃなくて、古代の日時計から江戸時代の和時計、そして最新型まで、時計好きじゃなくても楽しめます。創業者服部金太郎の伝記コーナーもありました。

写真撮影オーケーだったので、いくつか載せます。

 

日本初の目覚まし時計。

f:id:arkrico:20170611203525j:plain

わかりやすい展示品ですね。でも、このまんまのデザインの目覚ましがいまでもありそうな気がする。

 

ローレル。

 f:id:arkrico:20170611203734j:plain

国産初の腕時計。1913(大正2)年製。ひゃ!100年以上昔の時計だ。2014年、機械遺産として日本機械学会に認定されたものだそうです。

 

鉄道時計。

f:id:arkrico:20170611203819j:plain

子供の頃、小旗を持った駅員さんがポケットから懐中時計を出して見ていたのを覚えています。これかなあ。


ストップウォッチ

f:id:arkrico:20170611203907j:plain

東京オリンピック(昔の方ね)で使われたストップウォッチの数々。それまでスイスメーカーが独占していたオフィシャルタイマーの座を、スイス以外の国が初めてつとめることになったのが1964年の東京大会。新開発の機構により、複数個で測定してもバラつきの出ない計測結果が当時の国際陸連を驚愕させたといわれているそうです。こんどの東京大会は残念ながらオメガ。

 

天文台主催のコンクール。

f:id:arkrico:20170611203942j:plain

東京オリンピックの年からセイコーが参加を始めたスイス ニューシャテル天文台の時計コンクール。時計の精度を競うこのコンテストで参加3年目にしてセイコーは2位に入ります。この写真は出展した品(ムーブメント)と歩度証明書です。

 

おまけは金ぴか。

f:id:arkrico:20170611204027j:plain

中国北宋時代に造られた「水運儀象台」という機械式時計源流といわれる装置の駆動原理をもとした高級置時計だそうです。380万円ですと。

 

グランドセイコーの製造行程を紹介するビデオを見ていたら欲しくなりました。でも高いなぁ。とても買えそうにない......。

このミュージアム、おすすめです。

 

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村