読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

蘇った名機 - SR-T101レストア記(2)

SRT101-05.jpgミラーボックス、ファインダー/露出計ブロックを外したところです。

SRT101-04.jpgミラーボックスです。モルトがコルクみたいになっています。そこいらじゅう劣化したモルトのカスだらけ。

SRT101-06.jpg『14』『16』両方のミラーを並べてみます。きれいなほう(左)を使うことにします。

SRT101-07.jpgミラーを付け替え、モルトを張りなおしてミラーボックス修復完了。

モルトはヨドバシ通販で798円也。ボディより高い!!

モルトの裁断にはロータリーカッター(刃が円形のカッター。近所の百円ショップで入手)が重宝しました。

SRT101-56.jpgプリズム、コンデンサーレンズ、ピントグラスをキレイにして組み上げた後のファインダー。ああすっきりした。

SRT101-08.jpg組み付けるときに、このようにミラーボックスを先に入れてしまうと、この上に取り付けるレンズマウントベースプレート(次の写真)の組み付け時に、ミラーアップ機構のレバー(次の写真参照)を所定の位置にうまく組み付けることができません。

SRT101-61.jpgレンズマウントベースプレート

SRT101-16.jpgこのようにミラーボックスをマウントベースプレートに先に取り付け、この状態でボディに組み込みます。正直言って大変でした。

SRT101-60.jpgファインダーはきれいになったものの、シャッターがうまく動作しないのはもとのまま。少しずつ分解を進めて、とうとうここまでバラしてしまいました。先幕後幕の動きがわかりかけたあたりでふと気が付くと、例のギアが欠けている…………嗚呼ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

落胆のあまり数日ほったらかし。でも気を取り直して、オークションでジャンクを探し、手ごろなのをみつけて一発落札。こんどはレンズ付き。送料込みで1400円也。

続く