読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

あほうどり

img011.jpgしばらく書かないでいたらあっという間に大晦日。早いですねぇ。齢を取るにつれて毎年毎年、時間がたつのがぐんぐん早くなっていく感じがします。

Minolta SR-T101の後の書き込みはプラモデルにしようと決めていました。作るのは買ってからもう何年も放りっぱなしだったこれ。エデュアルドの1/72アルバトロスD V。

全部筆塗りで仕上げてみよう。

_A138189.jpg塗りの輪郭をとるために、まずマーキングのデカールを張ってしまいます。

_A138190.jpgデザインナイフで輪郭に切り込みを入れます。

_A138192.jpg輪郭を取り終えた状態です。

_A278217.jpg塗っている最中です。あまりきれいじゃないな。

_A208208.jpgだいぶ塗りあがってきました。組み立ててからだと塗りにくいので、全部、部品の状態で塗ってしまいます。

実機の木目はこんなふうに見えるわけはないけれど、まあそこは小さな模型なのでまあいいか。

張り合わせた継ぎ目は、耐水ペーパで削って、そこだけ塗りなおします。

_A278218.jpg胴体塗装ほぼ完了。

_B108241.jpg操縦席はこんな感じ。シートベルトは思いっきり手抜きをして、細切りにしたマスキングテープです。バックルはリード線をほぐした極細銅線。ラダーのペダルも同じです。

あとは、組み立てて、0.6号のデグスで張り線を施して、ちょこちょこ手直しをして完成。

_C298529-001.jpg完成です。

_C298532.jpg前から見たところ。

エンジンとラジエターをつなぐパイプがキットに入っていなかったので、0.5mm径のアルミ線で自作しました。

_C298534-001.jpg塗装は、Jasta(Jagdstaffel)12所属機のもの。図案化してあるとはいえ、ダビデの星が書かれています。ユダヤ系のパイロットだったのかなぁ。

_C298533-001.jpgさあて、次は、1/72でローゼンジ迷彩の筆塗りに挑戦してみよう。