理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

近代化改修-その1-

今までになかった話題を少々。

先日写真関係のWEBを見ていて、AdobeCreative CloudのPhotography Plan というプランでPhotoshop(エレメンツじゃなくてフルスペックのほう)とLightroomの両方が月額980円で使えることを知りました。

今使っているPhotoshop Elements 10 を12に上げようかどうしようかと思案していたところだったのでグラリときました。3分間熟考してPhotography Planにすることに決定 (^_^;)

せっかくフルスペックのPhotoshopが使えるのだったら、今のPCは見劣りするなあ…でも新しいPCに買い替えるお金があるのならレンズ(500mm)がほしいし…

私が使っているノートPCは今年の秋でまる4年になるという古参兵です。 F-4とは言わないまでもF-15クラスかな。 購入後にメモリを8GBに増設した他はそのまんま。

メモリを増設した時には高嶺の花だったSSDの値段をあらためて調べてみたらずいぶん安くなっていました。うん、これならイケるかも。 内蔵HDDは外付にしてデータ専用にすればいい。

ということで、古参PCの近代化改修プロジェクト開始。

早速、128GBのSSD、PC Expressカードスロット対応のUSB3.0インターフェース、2.5インチ用外付けHDDケース(USB3.0接続)を楽天で注文。 総予算12,000円也。 これであと三年は使うぞ。

言わずもがなですが、ここから先は自己責任です。 コワしちゃったら自分のせい。

品物が届く前に飛行機よろしく整備に挑戦。 きっと冷却ファン周りが埃だらけなんだろうな。

まず、バッテリ、B-CASカード、光学ドライブ、HDDを外します。 メモリははずさないでよさそうだ。

_8170565.jpg

次に、裏蓋を止めているネジを全部外します。 紙に裏蓋のおおまかなスケッチとねじの位置を描いて、外したネジをセロテープで止めておきます。

_8170566.jpg

思いもよらない個所がバキッと折れないように、そろりそろりと裏蓋を外します。 写真は無事外れたところ。予想通り、冷却ファンには綿埃がいっぱい。

_8170569.jpg

こっちは裏蓋側。 冷却ファンのあたりとか、コネクタ、カードスロットのあたりとかに埃がたまっています。

_8170571.jpg

冷却ファン部分の拡大。 埃がすごいですねえ。

_8170574.jpg

CPU(写真右の熱伝導グリスについたコアの跡が二つあるやつ)、GPU(写真左側のコアのグリス後がひし形についているやつ)の冷却ベースプレートを固定しているねじを外して冷却ユニットをごっそり取り外します。

_8170576.jpg

冷却ファンを取り外してヒートシンク単体を見ると、ファンの吹き出し口側がこの通り。 ヒートシンクのフィンの間に綿埃がびっしり、というよりぎゅうぎゅうに詰まっています。これでは冷却効率がガタ落ちしていそうです。ブラシと爪楊枝でていねいに埃を取り除いて、アルコールで拭いて組み上げました。

_8170572.jpg

CPU、GPUと冷却ベースプレートには古くなった熱伝導グリスがこびりついているので、これもアルコールできれいに掃除。昔、パソコンを自作した時のシリコングリスが残っていたので、それを塗りつけて冷却ユニットをもとに戻しました。

あとは、組み上げるだけ。

念のため、ネジをもとに戻す前に、電源を入れて起動するかどうかを確認。 ちょっとドキドキしましたが、無事起動しました。 ホッ。

ネジを全部締め付けて、HDDや光学ドライブなどをもとに戻して整備完了。 旅客機ならC整備ってところかな。

整備後、普通通りにPCを使ってみて驚きました。 なんだか妙に静か。

冷却ファンの音が聞こえない。 あれ、ファンを壊したかな!? でも耳を澄ませば、ファンが回っているのがわかります。整備前は、Nikon Caputure NX-DやPhotoshop ElementsでCPUに負荷のかかりそうな処理したときにヒューンとうなりをあげて回っていたのが、同じ処理をしてもウソのように静かです。 あの埃のせいでCPUの温度が上がってファンがフル回転してたんだ。

さあ、次は近代化改修本番です。早く品物が届かないかな。

今年のお盆休みもこの週末で終わりです。 さあ明日からまた仕事がんばるぞぉ。

まだ残暑が続きます。皆様もご自愛のほど。

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村