理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

出張最終日です

朝です。バンコクの朝です。

カーテンをさぁーっとあけると、残念、曇りだ。遠くのほうは霧がかかっています。

と、上を見上げると青空。ん!?

ひょっとして、晴れ? ひょっとして、霧のようなのはスモッグ?

どうもそうらしい。

バンコクのホテルも朝食なし。非常用に持ってきたカローリーメイトを水で流し込んで訪問先に向かうことにします。

そうそう、シンガポールのホテルも朝食なしでした。チェックインするときに朝食をつけるかと聞かれたので値段を聞いたら30シンガポールドル。ということはだいたい3,000円。朝飯に3,000円出す気は全くなかったのでやめておきました。

さあ、仕事に行くぞ!

訪問先に向かう道すがら撮ったのがこれ。

P1234565.jpg

ジャカルタもそうだったけれど、バイクがわんさか走っています。

P1234566.jpg

隙間とあらば割り込んできます。隙間がないと歩道を走っていくやつらもいました。

訪問先の窓から道路(首都高みたいな高架の道路)を見ていたら、4人乗りで走って行ったバイクがいました。我が目を疑いましたが、たぶん、目の錯覚ではなかったと思います。すごいところだ。

これじゃコワくて自分で運転はできませんね。でも地元の皆さんはうまいもんです。

さて、出張最終日の仕事です。きょうで仕事はみんなおしまい。

午前中の仕事を済ませてお昼は訪問先の方が日本料理の店を教えてくれました。私が選んだのがこれです。

P1234595.jpg

なんのことはない天丼。朝、ロクに食べていないので大盛り。

でも、食べ始めてから普通のにしておけばよかったと後悔しました。なにせ、エビだけでも三本入っています。

午後の仕事中、睡魔と闘うのに一苦労したのは言うまでもありません。

最終日の仕事を無事終えてホテルに戻ろうと帰り支度をしていると、訪問先の方が、近くにお土産を買うお店があるよ、と教えてくれました。

タイシルクのお店。高級なのと大衆向けの2店。どちらも有名なお店らしいです。

で、一緒に来た同僚と行ってみることにします。

歩道がすごいことになっています。屋台だらけ。あらゆるものを売っているって感じです。

P1234607.jpg

わぁ、これ普通の歩道ですよ!

一店目。高級店のほうです。

P1234604.jpg

『Jim Tompson』。無知な私は店名すら知りませんでした。でも『Jim Tompson's』じゃないんですね。

カミさんのお土産仕入れて次へ向かいます。

こんなお店がありました。

P1234608.jpg

日本でいえば、和風スパゲティのお店ってとこですか。 どんな料理が出てくるんだろう。

2つめのお店がある通り。いろいろな屋台がこれでもかっていうくらいに続いています。まがい物の屋台も多いみたいです。

P1234615.jpg

2店目は『NaRaya』。

P1234613.jpg

確かにお求めやすい価格でした。

路地をさらに奥に進んで行くと、だんだん怪しげな度合いが増してきます。

P1234617.jpg

店の前のおじさんから声もかかります。が、コワクてとても入る気になれません。

と、大きな通りに出たので、訪問先に戻ることにしました。

帰りは、訪問先の方にホテルまで送っていただいて、出張の予定は全て終了です。

おわったぁ!

晩ご飯は、ホテルから歩いて行けるところで見つけた中華料理屋に入りました。

ビールはもちろんシンガ。

青椒肉絲といくつか他に食べたのですが、珍しいものがありました。

P1234624.jpg

超レトロな電気炊飯器。シャープ製です。子供のころこんなのがあったなあ。妙に懐かしい。

お腹いっぱいでホテルに帰還。

バンコクでへぇ~だったことは、当地ではビールに氷をいれて飲むのがふつうということ(わたしはやらなかったけれど)。

いよいよ明日は帰国です。

次はバンコクスワンナプーム空港ので見た飛行機をご紹介します。

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村