読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

成田ジャンク市。寒い!

ちょっと気を抜くとあっという間に月日が流れます。

まさに、ゆく河の流れは絶えずして。

さて3月です。成田のジャンク市です。代わり映えしないのはわかっているのだけれど、また行ってきました。あいにく天気は雨が降りそうな曇り。

成田の航空科学博物館に着いたのが十時半頃。あれ、駐車場がいっぱい。ほとんど空きがない。え! 前回(昨年9月)はこんなに混んでいなかったような…

入場料の500円を払って中に入ると行列が…え・え・えっ!。二階に上がってまだ続く…

係りのお兄さんが最後尾はこちらです、と案内をしておりました。こんなの初めて。

結局、待ち時間は一時間。

ジャンク市の中に入ると、めぼしい品はあらかた売れてしまったのか、前に来た時とほぼ同じ。これだけ並んだんだから何か買って行こうと思い、Boeingのストラップを買いました。1,000円也。

さて、カメラを引っ張り出して展望台に上がります。今日は北風運用。

成田航空科学博物館はランウエイ34L南側エンドにあります。とはいっても空港敷地内ではないので、離陸機が『Line up and wait』の状態のところまではけっこうな距離。わたしの300mmじゃちと短い。離陸時はそこからさらに遠ざかる方向に滑走していくので、離陸の写真はあきらめました。

外に出て、久しぶりに野外展示の機体を見に行きます。そういえばMRJの初飛行がもうすぐだなあ。YS-11の初飛行以来約50数年ぶり。ここに野外展示されているYS-11(JA8611)はたしか初号機だったはず。

YS-11初号機です。

中に入ることができます。タラップならぬ階段から見たエンジン。

DSC_5612-2.jpg

プロペラはフルフェザー状態。中に座席はなくて、計測用の計器がデンと置いてありました。

後ろから見たところ。

DSC_5621-2.jpg

寒いのでほとんど人がいません。

駐車場に戻り、クルマの中で持ってきたおにぎりでお昼。

次は三里塚さくらの丘に行ってみます。ここも閑散としています。着陸機を狙おうと思ったのですが、どうも34Rのほうを多く使っているみたい。

早々にさくらの山に移動します。ここも人はまばら。同好の士がちらほらいるだけ。

離陸機の写真を撮っていたら、見たことのないダッシュ400が上がってきました。

DSC_5671-2.jpg

DSC_5677-2.jpg

ナショナルエアライン。窓がないからカーゴかな。Flightradar24の出発機タイムテーブルに出ていない。

帰ってから調べてみたら、成田空港の出発機時刻一覧にも載っていませんでした。

アメリカのチャーター専門の会社みたいですね。

次に上がってきたのはおなじみNCA。

DSC_5692-2.jpg

DSC_5697-2.jpg

B747-8。乗ってみたいなあ。

大韓航空B747が上がってきます。目的地までの距離が短いからか、でかいジャンボが短い滑走距離でふわり。

DSC_5699-2.jpg

あれ、なんか方向が変だ。こっちに向かってくる。

さくらの山で離陸機を見ていると、機体の左側を見せながら上昇していきます。

ところがこのジャンボ、離陸直後から左にそれて、なんと真上を通過していきました。

DSC_5706-2.jpg

こんなこともあるんだ。ちょっとびっくり。

もう少し粘ろうかと思っていたら、雨がパラパラ。

今日はこの辺で引き揚げて、桜と菜の花の時期にまた来よう。

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村