理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

猛暑記録更新中

暑いですねえ。

ニュースによると、観測を始めて以来、35℃以上の猛暑日連続日数が記録更新中だそうで…。

昨日、NHKのヒストリアで鈴木貫太郎をやってました。 終戦時の総理大臣。 近々封切られる『日本のいちばん長い日』の主要登場人物の一人。 演じるのは山崎勉ですね。

番組の終わりのほうで、晩年は千葉県野田市で余生を送り、野田市関宿に記念館がある。 ん、野田? 近いね。 夏休みだし、行ってみるか。 かみさんと合意成立。

で、本日行ってきました。

ところで、今日は8月6日です。

朝のニュースの街頭インタビューで、こんなやり取りがありました。

インタビュアー:「8月6日は何の日かご存知ですか?」

まちの人(元気よく):「ハムの日!」

お答えになったのは40台とおぼしきお父さん。

目が点になりました。まさかウケ狙い?

閑話休題

さて、見込み違いだったのが距離。 出かけるときにナビをセットしてみると意外と距離がある。 成田に行くのとたいして変わらない。

まあ、行ってみよう。

着いてクルマを降りたら暑い暑い。もう倒れそう。

鈴木貫太郎というと、終戦時の総理ということくらいしか知りませんでしたが、大した人物だったみたいですね。

生まれは現在の堺市。五歳頃関宿に移る。海軍兵学校から海軍大学へ進み、その後ドイツ駐在。聯合艦隊司令長官まで務めたのち、侍従長。へぇー。

侍従長時代に二・二六事件が起き、貫太郎も青年将校の一団に襲われ、左脚付根に3発、左胸、左頭部に各1発の銃弾を撃たれたが、奇跡的に一命を取り留めたそうな。

はて。頭や左胸を撃たれて助かるものかしら?

ググってみると、胸に当たった弾がわずかに心臓をそれたのと、頭に当たった弾が耳の後ろから貫通したことが幸いしたんだとか。頭に当たったほうは頭蓋骨の中には入らなかったんだろうか…。

記念館の展示物に書がたくさんありました。力強い見事な字です。

気に入ったのは、『正直に腹を立てずに撓(たゆ)まず励め』

いいですね。

警備のおじいちゃんが、昨日テレビに出たので、今日は朝から30人くらい来館者があったと言ってました。テレビの影響ってのはすごいもんですね。

いっとき70年前の夏にタイムスリップしたような気がした一日でした。

帰りも暑い暑い。