読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

2015 下総航空基地祭 (その1:水浸し)

今年の下総航空祭は雨で順延かなと思っていたら、朝は曇り。こりゃイケルかな、と行ってきました。

航空祭なのに、いきなりクルマです。

それも特殊車両。最新型らしい。

救難消防車IB型。

サンダーバードに出てきてもおかしくないかっこです。

そういえば、NHKで新しく始まったサンダーバード ARE GO、いいですね。

昔のも再放送していてあわせて楽しめます(ストーリーの単純さには笑えますが…)。

顔つきもかなり精悍。

_DSC7919-SIG.jpg

さて、こういうのを見ると、メーカーはどこだろうとか正式型番は?などと気になってしょうがない性分です。

いろいろ調べてみると、救難消防車IB型というのは、海上自衛隊が2013年度から旧型の後継として導入を始めた5000L級救難消防車とのこと。

Oshkosh社製 Striker 3000、オーストリア Rosenbauer社製 Panther 6×6、モリタ製 MAF-50Bの三種類があるんだそうです。このうちStrikerとPantherの写真は確認できたので、下総で私が見たのは、おそらくモリタ製 MAF-50B。でも残念ながら同社のウエブサイトにはMAF-50Bなんて型番の製品が見当たりません。しつこく探すと、同社のfacebookに、私が見たのと同じ車両が転覆角度測定装置にかけられている画像が見つかりました。型番もMAF-50Bと書いてありました。うん、これで間違いないな。

ということでメーカーと型番が判明してスッキリしました。

と、ハンガー前の1台が放水を始めました。

_DSC7932-SIG.jpg

人垣でそばに寄れそうにありません。

今度は、エプロンにいたもう1台も放水を始めました。

_DSC7944-SIG.jpg

かなりの迫力。

近くに駐機していたC-3P、もとい P-3Cの機首をかすめて水が飛んできます。

_DSC7937-SIG.jpg

放水がやんでも、この水しぶき。

_DSC7947-SIG.jpg

デモが終わって降り立った隊員お二人。

_DSC7951-SIG.jpg

ご苦労様でした。

いやぁ、なかなかの迫力でした。

でも本番のとき(飛行機が火災をおこしたときね)はコワイだろうなぁ。

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村