読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

ロートル再び海を渡る -その4(移動日)-

今日は移動日です。香港に向かいます。

朝一で訪問先にお邪魔してご挨拶をし、預けていた荷物を受け取りにホテルへいったん戻りました。

ホテルに戻る道すがら、台北市内の道路を見ていてへぇと思っていた施設?をパチリ。

IMG_2096-7.jpg

バス停です。道路の真ん中にあります。最初は路面電車の停車場かと思いました。

路肩をふさがないところが素晴らしい。

ホテル前からタクシーに乗って空港へ向かいます。

羽田から来たときは松山空港に降りましたが、出発は桃園(タオユアン)空港です。

途中、台北有数のランドマークのすぐそばを通りました。

P9136037-26.jpg

ザ グランド ホテル (圓山大飯店) です。

日本統治時代に作られた台湾神宮の跡地に建設された大ホテル。米国の雑誌が選んだ世界10大ホテルの一つに数えられているのだとか。

桃園空港は台北市内からは結構離れています。

ローカル空港の雰囲気たっぷりの松山空港と違って、近代的な大空港。

P9136040-26_20160928215417c04.jpg

出発ロビー入り口には何やらよくわからんオブジェがぶら下がっておりました。

P9136041-27.jpg

でかいCDかと思った。

さて、台湾桃園国際空港です。正しい表記は『臺灣桃園國際機場』(中華民国や香港ではヘンな略字(日本の漢字も含めて)を使わないところがとても好きです)。

チャイナエアラインエバー航空ハブ空港です。

IATAコード:TPE、ICAOコード:RCTP。滑走路は、3,660m×60mの05L/23Rと、3,800m×60mの05R/23Lの2本。Googleマップで滑走路の間隔を測ってみたら1,500mあったのでオープンパラレルでしょう。他のアジアの主要空港に引けをとらない大空港です。

でも、台北市内からはちと遠いです。

中に入ってみるとこんな感じ。

P9136046-29.jpg

チェックインカウンターロビーはとても明るい雰囲気です。中二階にはフードコートがありました。

今回の出張で楽しみにしていたことの一つが、桃園空港のラウンジです。

台北・香港便はエバー航空に乗るのですが、エバー航空のラウンジってどんなだろう。

この表示の左側の通路を行くと入り口がありました。

P9136052-29.jpg

ラウンジを出た後で気がついたのですが、この表示の右側にもうひとつラウンジがありました。ファーストクラス用かなあ。もしもまた来る機会があったらそっちに行ってみよう。

ゴージャスなラウンジであります。

P9136055-30.jpg

人も少ないので超ゆったり。

いちおう、何が置いてあるかをチェック。

IMG_2112-9_20161002075706831.jpg

點心がいろいろあります。写真の蒸籠は肉団子と胡麻団子。ほかにもいろいろ。

機内で昼食が出る予定ではあるものの、つい食べてしまいました。機内食よりこっちのほうが絶対おいしいし。

乗っていくのはコレです。

P9136059-32.jpg

エアバスA-320。小型機の超定番。

タキシング中にこんなのをみました。

P9136070-33.jpg

オリエントタイ航空のB747-400(HS-STB)。

かなり汚れています。この先どうなっちゃうんだろうと気になりました。

帰ってからレジを調べてみると、ここ桃園でよく写真を撮られています。サウジアラビア航空でも使われていた機体のようですね。

桃園はエバー航空のハブです。

P9136074-34.jpg

日本でこんな絵は撮れません。

滑走路に入ると小さい機体は軽々と飛び上がりました。

香港まで1時間半たらずのフライトなのに、食事が出ます。

IMG_2122-11.jpg

さっき點心を食べたばかりなのに、目の前に食事のトレイを差し出されると、条件反射的に受け取って、結局食べてしまいました。

おなかいっぱいでもちろん爆睡。

いよいよ香港です。

30年前に来たときは啓徳空港でしたが、今回はチェック・ラップ・コック。

どんなとこだろう。

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村