理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

ロートル再び海を渡る -その8(帰国日1)-

無事お仕事も何とかこなして今日は帰国日です。

心配していた台風(14号)もそれてくれたので一安心(数日前の進路予報では帰国日に香港の近くを通ることになっていたのです)。

フライトは午後なので、香港観光には少々時間が足りませんが、空港でゆっくりできます。

同僚は特にお目当てもなさそうだったので、私の趣味に付き合っていただくことにします。そうです、展望デッキ。

香港チェックラップコック空港の展望デッキは第2ターミナルにあります。

荷物を預けて早速展望デッキに向かいます。

これは途中で眺めた第2ターミナル。

IMG_2285-31.jpg

広々として明るいターミナルです。

第2ターミナルにはチェックインカウンタはあるのですが搭乗ゲートはありません。ここでチェックインしても、てくてく歩いて第1ターミナルにある搭乗ゲートへ行かなければならないというヘンな作り。

最上階(6階)に着きましたが、展望デッキはこっちという案内がどこにも見当たりません。フロア案内図はどこだ。あった。

IMG_2268-20-3.jpg

やっとわかりました(実際の表示には『展望デッキはここ』って書いてありません。念のため)。

入り口です。

IMG_2269-21.jpg

『航空探知館(Aviation Discovery Centre)』というちょっとした航空博物館があって(これは無料)、その屋上に展望デッキ『機場展望台(SkyDeck)』があります。

航空探知館(Aviation Discovery Centre)です。

IMG_2284-30.jpg

まあこんなもんでしょう。

まっすぐ進むと機場展望台(SkyDeck)に上がるエレベーターがあります。

IMG_2270-22.jpg

その手前におばちゃんが陣取っていて、チケットを買っておいでと追い返されました。どこで買うの?と聞くと売店との答え。

ここで展望台のチケットも売っているのです。

IMG_2271-23.jpg

よく見たら、書いてあった。

これがチケット。

IMG_2272-24.jpg

HK$15也(だいたい200円)。

展望デッキの営業時間は11:00からで、私たちが行ったのは9時半過ぎ。でもこの日は香港の祝日(中秋節の翌日)で9時半からやっていました。ラッキーでした。

エレベーターで展望デッキに上がります。ドアを開けた途端、モワッと熱気が。暑いです。

IMG_2280-27_201609282205455bc.jpg

気に入ったのが、解放型の展望デッキだということ。日本の空港のようにジャマなワイヤーフェンスがありません。ワイヤーフェンスがないだけでこんなに違うんだ。

でも、暑い…

同行の志がけっこういらっしゃいます。

IMG_2277-25_20160928220543e83.jpg

同じ中国でも大陸のほうはヘタをすると当局に拘束されるリスクがあるらしいので、大変な違いですね。

前の写真の左側に行くと港が見えます。

IMG_2279-26.jpg

RWY07Rを離陸してくるキャセイA330

P9166311-70.jpg

P9166316-73.jpg

共にコンデジでズーム目いっぱい。35mm換算で112mmです。200mmはほしいですね。

そもそも、天気の良い日中にコンデジの液晶画面を見ていても周りが明るくてほとんど見えません。やっぱり光学ファインダーがないとダメだ。オートフォーカスの動体追尾モードも頼りないし…

エプロンも距離があるので、本気モードの機材を持ってこないといけません。

P9166304-67.jpg

さて、もう1本の滑走路(07L/25R)です。

IMG_2283-29.jpg

この日は07Lを着陸に使っていて、写真はるか彼方に着陸機が見えます(点ですが)。

展望デッキと滑走路(07L/25R)の間にホテルがあります。

IMG_2282-28.jpg

25Rを着陸に使っている場合、アプローチは見えるがタッチダウンの瞬間はホテルに隠れてみることができないとチャーリー古庄さんの『気軽に楽しむ世界の空港飛行機撮影ガイド』(イカロス出版)に書いてありましたが、納得です。

さて、暑くてたまらんので、涼しいところへ退避することにします(同僚がいたの忘れてた…)。

にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村