読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

祝! 新社会人(わが息子含む)

新年度が始まりました。桜と入社式のシーズンです。日経新聞によれば、今年の新社会人の数は、推計で89万人とのこと。わが息子もこの89万分の1。

ヒコーキ好きとして気になるのは、航空会社の入社式。今年はどんな入社式かな。

オッ、と思ったのはスカイマーク。新入社員125名の入社式が行われたのは、なんと宇宙戦艦ヤマト特別デカール仕様のB737-800機内。新入社員の皆さんは、機内での入社式終了後、このまま出発すると告げられ、1時間半のフライトに飛び立ったのだそうです。粋なサプライズですね。

大手2社は昨年と比べるとパッとしません。JALは、昨年の松井秀喜登場のようなサプライズなし、新入社員を迎えた機体もたまたまドックインしてたのを利用したの?(私の推測)というような老兵B767。「8.11ペーパー」の呪縛から解き放たれたので、入社式でも何かやってくれるかなと思ったのですが、外れました。新入社員の皆さんもがっかりしたのではなかろうか。

ANAの入社式で新入社員を迎えた機体は、2020東京オリンピックパラリンピック特別塗装のB777-200ER。昨年のBB-8特別塗装機に代わってC3PO塗装機になるかと思っていたらこちらもハズれました。
SKYTRAX社による「エアライン・スター・ランキング」5スター授賞式も同時に開催され、同社CEOが出席したようです。

軍配はANAかな。まあ、両社共、2年後くらいの入社式では、それぞれA350A380が新入社員を迎えるのでしょうね。

さて、わが息子はといえば、某エアラインの航空整備士の卵になりました。ヒコーキの技術屋になる夢がかなわなかった私としてはめちゃウレシい(でもちょっとクヤシイ)。これからの老後、息子と色々とヒコーキの話をするのが楽しみなのです。でも、相手にしてくれるかな.....

このところヒコーキネタで書いていません。桜も咲いたし、久しぶりに成田にヒコーキを撮りに行ってこようかな。