理香庵駄文録

興味があること、おもしろいと思ったことを気が向いたときに... 理香庵駄文録へようこそ。

秋の北海道 -その3の1-

ヒコーキです。写真がたくさんあるので2回に分けます。
新千歳空港。北海道の拠点空港。A滑走路(01L/19R)とB滑走路(01R/19L)の3,000m滑走路2本。向きはほぼ南北です。

空港名に「新」がつくということは「旧」があったわけで、それは北東隣にある航空自衛隊千歳基地。こちらには3,000mと2,700mの2本の滑走路があります。3,000mのほうには1,000mの着陸帯がついているので実質的には4,000m。「旧」の頃は軍民共用空港でした。現在でも新千歳の管制業務は自衛隊が行っています。航空写真を見ると滑走路4本の巨大空港に見えます。

閑話休題

前々から行きたいと思っていた新千歳の有名撮影スポット、通称『生コンポイント』へ行ってきました。B滑走路の中ほどにあります。空港脇を通る国道36号線から入るのですが、札幌方面から来ると鋭角に右折して細い路地に入ります。信号はなく、双方向ともほとんど直進車なので、対向車があると右折するのに難儀します。

場所を探すには、ナビで「新千歳モーターランド」を検索して目的地にすれば迷うことはないでしょう。

着きました。憧れの『生コンポイント』。先客が2組いらっしゃいました。

f:id:arkrico:20171108211450j:plain

 

振り返るとこんな感じ。雪で道幅が狭くなる真冬は車の向きを変えるのに一苦労しそうです。

f:id:arkrico:20171108211533j:plain


高さ2mほどのフェンスが張り巡らされているので、金網越しを避けるには脚立が必要です。当然、脚立など持ち合わせていないので、はて困ったな。右を見ると天の助け。フェンスのすぐそばに丸太がありました。上に乗るとかろうじてフェンスの上でカメラを構えることができます。

f:id:arkrico:20171108211605j:plain

 

空港はこんな感じで見えます。焦点距離は200mm。

f:id:arkrico:20171108211631j:plain


この日は南風運用。B滑走路を着陸、A滑走路を離陸に使っていました。着陸機はこんな感じ。170mm。

f:id:arkrico:20171108211659j:plain


遠くには樽前山が見えます。50mm。天気が良ければ離着陸機とからめていい写真が撮れそうです。

f:id:arkrico:20171108211724j:plain


次回は離陸機特集です。


にほんブログ村』のランキングに参加しています。よろしかったら一票お願いいたします。 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村